• Home You are currently viewing the category: 未分類

適した状況に合わせて

中古コピー機のメリット・デメリットから見ると、使用に適しているのは短期間の代用品としての使用や、使用頻度が低い場合の購入が適していると言えるでしょう。短期間でしたら故障の心配も少なくなりますし、同様に使用頻度が低い場合も故障のリスクを抑えられます。また、使用頻度が低いのであれば故障時の修理に即応性が低かったとしてもそれほど困る事なく修理を待つことが出来るでしょう。また基本的にコピー機の部品は販売開始から8~9年ほどで製造が終了するようですので期間にも注意が必要になります。

リース契約のような形での新品コピー機の利用もありますが、その場合ですと月額に費用を分割して支払う事が出来ます。ですが、分割分の料金を支払い終わるまではコピー機を使用し続けなければならない為、これも長期の利用が前提となってきます。こうした事からやはり中古のコピー機が短期利用の際にこそ最も優れていると言えるでしょう。

使用目的や使用期間に合わせた商品選びをすれば修理や無駄なレンタル費用・初期投資費用を払う事なく、出費を抑えることが出来るでしょう。ご自身がどのような目的でどの程度の器官利用するのか明確化し、それに適した方法での購入をしていただきたいです。

参照リンク:OAランド
中古コピー機販売サイトです。


どこが優れているか

中古のコピー機を買う上でメリットと言えばまずは価格でしょう。中古の品となりますので当然新品の物を購入するよりもコスト面では安く済みます。コストが抑えられれば他の所に回すお金を増額する事も出来ますし、出費が下がるのですから単純に差し引きで利益が上がる事にも繋がります。また、最新鋭機のように様々な事が出来る機種が必要でない場合、中古品でしたら必要な機能のみの安い物を見つけられることなど、やはりコスト面での優位性が目立ちます。

デメリットとしてはその中古コピー機が過去にどのような使われ方をしてきたのか分からない為、過度な使用をされてきた物ですとすぐに壊れてしまう可能性がある、という点です。また、中古に出されるという事は既に2~3年落ちの製品である事が殆どですので長期間の使用はまずできないと考えておいた方が良いでしょう。また、故障時などのメンテナンスが販売店ごとに行われますので店によっては対応エリアが狭く、急な故障時に即応できない事が多くなります。

このようにメリット・デメリットが出ましたが、コスト面を考えるなら中古品を使うのが良さそうですが、そうすると長期間の使用は耐用年数的に難しくなってきます。ではどのような場合にこそ中古コピー機は適しているのでしょうか。


中古コピー機の購入

中古のコピー機は割かし安く売られていて魅力的なように思えます。ですがどんな品にもメリットとデメリットという物は存在します。中古コピー機を購入する際のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。また、購入する際にはどのような点に注意するべきでしょうか。

まず、中古コピー機を購入するにあたって気を付けておかなくてはならない点を説明します。電化製品を購入する際に気にしなくてはならない点とそう変わりはしないのですが、まずは年数です。製造からどれくらい経過しているのか、と言うのはその製品のサポートがどの程度受けられるのか指針になりますし、どれほどの期間利用したのかが目安になります。続いてはコピー機にあるカウンターの数値の確認です。

このカウンターはコピー機がどれだけ使用されてきたか、を図る事が出来ますのでカウンターの数値が年数に比べて大きく上昇しているようなら過度に酷使され続けてきた事の証拠になります。同様にトナーや感光ドラムの確認も欠かせません。また、殆どの場合メーカーとの保守契約をしなくてはならないので、そうした契約の内容等をしっかり確認しておきましょう。また、使用するパソコンのOSが対応している物なのかも確認しないとそもそも購入した事自体が無意味になりかねませんので注意してください。

中古品となると当然誰かが使用していたものとなりますので、その使用によりどの程度まで劣化しているのかを確認するのは必ずやらなくてはなりません。その確認を怠れば購入してすぐに修理費で多額の経費が飛んでしまう事になりかねません。