• Home どこが優れているか

どこが優れているか

中古のコピー機を買う上でメリットと言えばまずは価格でしょう。中古の品となりますので当然新品の物を購入するよりもコスト面では安く済みます。コストが抑えられれば他の所に回すお金を増額する事も出来ますし、出費が下がるのですから単純に差し引きで利益が上がる事にも繋がります。また、最新鋭機のように様々な事が出来る機種が必要でない場合、中古品でしたら必要な機能のみの安い物を見つけられることなど、やはりコスト面での優位性が目立ちます。

デメリットとしてはその中古コピー機が過去にどのような使われ方をしてきたのか分からない為、過度な使用をされてきた物ですとすぐに壊れてしまう可能性がある、という点です。また、中古に出されるという事は既に2~3年落ちの製品である事が殆どですので長期間の使用はまずできないと考えておいた方が良いでしょう。また、故障時などのメンテナンスが販売店ごとに行われますので店によっては対応エリアが狭く、急な故障時に即応できない事が多くなります。

このようにメリット・デメリットが出ましたが、コスト面を考えるなら中古品を使うのが良さそうですが、そうすると長期間の使用は耐用年数的に難しくなってきます。ではどのような場合にこそ中古コピー機は適しているのでしょうか。